バイク保険の中でも搭乗者傷害保険が必要な理由

バイクに乗車している方が加入しているバイク保険は、強制的に加入しなければならない自賠責保険だけという人が多く、車の任意保険の加入率と比べてかなり低い水準となっています。しかし、交通事故は自分だけが起こすのではなく、相手の過失によっても起こりますので、自分は運転が得意だからいらないということではなく、万が一の為にしっかりと加入しておく必要があります。

バイクは車と違って身体が出ている状態で走行することになりますので、どうしても怪我のリスクは高くなります。バイクの後部座席に座っている方は運転している方と比べて、事故や転倒した時に怪我するリスクが高い傾向にあります。運転手に命を預けて後部座席に乗っている方を経済的に守るといった理由からも、搭乗者傷害保険というバイク保険に加入する意味はあると思います。

搭乗者傷害保険に入っていると、治療費を請求するのが事故相手の保険会社ではなく、運転手が加入している保険会社ですので、支払がスムーズです。自分の会社に請求するのですから、過失割合などを気にせずに支払ってもらえ、事故当初に金銭的な負担を減らす事ができます。

また、搭乗者傷害保険に加入していると、相手の対人賠償など関係なく、保障を受けられる点も大きなメリットです。愛媛県行ってみない?