自賠責保険はバイク乗りに必須のバイク保険

バイクを所有し、運転するという場合には、必ず自賠責保険というバイク保険に加入しなければいけません。自賠責保険に加入するのは任意ではなく必須の行為になり、自賠責保険に加入していない状態でバイクを運転してしまうという事は、無保険での運転になりますので処罰の対象になります。

自賠責保険は、傷害による損害で最高120万円、後遺障害で最高4,000万円、死亡で最高3,000万円の保険料が受け取れる保険です。これだけもらえれば自賠責保険だけでバイク保険の保障としては十分だと思っている方も多いでしょうが、事故の状況によっては一億円以上の支払い事例もありますので、絶対に大丈夫とは言い切れません。自賠責保険というバイク保険は、最低限の保障を受ける事ができる保険でしかありません。

また、自賠責保険の対象となるものは、あくまで人間に対してだけになりますので、事故で破損したバイクなどの修理費には利用する事ができません。相手の車をこちらの過失で壊してしまったような場合には、修理費を自腹で用意しなければいけません。

バイクを所有している方で絶対に事故を起こさないという方は、運転をしない方だけです。万が一という事もありますので、安心してバイクに乗るためには、自賠責保険にプラスして任意保険に加入しておくと安心でしょう。愛媛県行ってみない?